スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル9 第19話 アニー、あるいはアレックス、アン

Supernatural 9 #19 Alex Annie Alexis Ann

←DVD  ←Blu-ray

ジョディはある少女を襲おうとしていたヴァンパイアを退治する。事情を聴くのだが、
少女は何も語ろうとせず、徘徊していた理由がわからない。その様子を見たジョディは、
背後に何か特殊な事情があると察し、サムとディーンを呼び寄せる。
少女のDNAから8年前に行方不明になったアニーという子だと判明するのだが、
彼女は自分の名前はアレックス(キャサリン・ラムディーン)だと主張する。
その後、アレックスを探しに来たヴァンパイアを生け捕りにしたディーンたちは、
彼を拷問して事情を聴きだすのだが…。

久しぶりに結構危ない状況でした。
ジョディもいたけど、3人がそれぞればらばらでやばい感じだったので、
どうやって巻き返すのかしらと思っていたら、ディーンの馬鹿力で(笑)。
でも、前回くらいから、ずっとぎすぎすしていた兄弟の仲が、
やっと回復してきたようで、見ていてほっとしました。
それぞれ思うところはもちろんあるのでしょうけど、それでも二人が、
お互いに遠回しに責め合うような段階は通り過ぎたのでよかったと思います。

ジョディの家族のことは知っていたけど、そのことがエピソードに対して、
深くふれたことはなかったですよね。今回、どこでそのスイッチが入ったのか、
何が今までと違ったのかはわかりませんが、彼女の古傷にしみたようです。
アレックスはもっとすれた女の子なのかなと思ってみていたのですが、
彼女は彼女なりに思うところがあり、そんな中で自分に与えられたオプションと、
生きていくことを秤にかけつつ、我慢して頑張ってきていたみたい。
ヴァンパイアにされてもまだ、ジョディのことをかばおうとする姿は、
彼女の本当の心をあらわしていて、感動的でした。

対外的に見れば、アレックスはヴァンパイアたちに誘拐されていたわけで、
身元も判明したわけですから、親元へ帰すのが筋ですよね。
家族が果たして、もう彼女は生きていないと思っているのかどうかはわからないけど、
本来的にはそうするべき。ただ、たぶん誘拐されたのが8歳とか、
そのくらいのころで、それで8年離れ離れになっていたというと、
アレックス(アニー)自身も、家族も、元の生活に戻るには、
色々と心の障害が待っているでしょうね。ジョディのもとに残るというのも、
ありなのかなぁという気はしますが、彼女が保安官であることを考えると、
それは難しいんじゃないのかな…。まあこのドラマは、現実的なものではないので、
そういう手続きをすっ飛ばして養女にってのもありなのかもしれないが。

なんにせよ、今回はアレックスのエピソードの描き方が、
なかなかに秀逸だったと思います。ジョディとの心の交流や、
ヴァンパイアの母親の中の葛藤なんかも、見ていてよかったです。
またこういう感じのエピソードが見たいですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。