スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトシフト 真夜中の救命医2 第1話 新たなる夜

The Night Shift 2 #1 Recovery

立てこもり事件がきっかけで停職になってしまったTCは、密入国をしたものの、
業者から置き去られたと思われる少年を助け出す。病院に運び込むが、
停職中なので、ばれないように治療をするようにトファーたちに頼み込む。
ラゴーサは腫瘍摘出手術後、やっと復職してくるのだが、
病院のエレベーターに挟まれてしまった男性を救うために、
高価な機材を使うことを上層部からの許可なしに承認してしまい、
予算のことで絞られるのだが…。

あれ、かるーくタイムトリップしてますか?
S1フィナーレの立てこもり事件が起こした結果は、刑事事件にも影響するし、
そこら辺のお咎めとか、そういう話も絡んでくるのではないかと思っていたのに、
なんか知らんうちに数か月が経ってしまったという設定のようだ。なぜ。

いつの間にかトファーはもう治って復職してるし、
ラゴーサの手術は終わってるし、スコットとジョーダンは別れてるし、
ドリューは恋人と同棲してるし、クリスタはケニーと付き合ってるし。
なんかいろいろなことをすっ飛ばしすぎ!
このあたりの細かいところを描くのが面倒だったのかと思いたくなるほど、
すべてに片がついている…。いいのか、これで。
もともとファーストシーズンも、脚本が完結してないというか、
エピソードの糸くずを回収しないドラマではありましたが、
このクオリティの脚本が続くと、つらくなってくる気がします。

エレベーターの事故はどういうんだったんでしょうね。
無理やり出ようとしたら挟まれたというのですが、
どう見ても、人が乗るところより下に挟まれてるんですけど。
途中でエレベーターの箱が落ちて、落ちきる前に出ようとしたのなら、
箱の天井部分の間に挟まってるはず(でももしそんなだったら
重さで体がちぎれてとっくに死んじゃってるか)なのに、
なんかよくわかりませんでした。この辺も脚本が甘いんだよね。
とりあえずはジョーダンの機転とラゴーサの男前な決断で、
彼が助かったのはよかったと思いますが。

腫瘍がなくなったことで、使命に目覚めた様子のラゴーサ。
(ていうか、ランドリーはどうなったのかな。ここも雑に削ってある)
S1で医者になりたかったけれど、目の病気であきらめたといっていましたが、
その設定がこんなところで生きてくるとは。PAになって、
TCとかインターンに雑用を命じられることを飲み込めるかどうかは、
彼の将来に対する本気が指標となると思いますが、
この人のレイヤーのあるキャラクターづくりはいいなと思うので、
衝突しつつも、がんばってほしいなと思います。

そして新しい医師、チャベス(アダム・ロドリゲス)。
まさかの「ロズウェル」、「CSI:マイアミ」のアダム登場でした。
どんな役なんでしょうね。気になります。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

おばんでございます。

そうなんですよ!
ランドリーがいなくっておりグウェンという救命士が、なぜか当たり前のように“ジョーダンの親友”に取って代わっていて・・・。
ラゴーサとの恋の行方、すごく気になってたし応援してたのに。

今後ドラマの中で、彼女がどうなったとかの説明ってありますかね~。
お気に入りのキャラだったので、ひじょうに残念です。

naoさんへ

こんにちは!
ランドリーですが、現時点では今後の登場はないようなので、ほぼいなかったのと同じような状態になっているかと…。せめていなくなった事情を口頭でもいいので、教えてくれるといいんですけどね。ラゴーサといい雰囲気だったのに、彼の口からも何もなかったので、「???」となってしまいました。グウェンはどこから出てきたのか、本当に不明です。

そういう意味でいえば、デレクに対する仕打ちのむごさはさておき、いなくなった人への説明責任を果たしている「GA」の在り方は正しいなぁと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。