スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトシフト 真夜中の救命医2 第2話 夢破れる夜

The Night Shift 2 #2 Back at the Ranch

早く帰宅したことを知らなかったため、強盗と誤って妻を撃ってしまった男性が、
妻に付き添って病院にやってくる。TCが担当につくのだが、出血がひどく、
その女性はなくなってしまう。患者を亡くしたことが久しぶりのTCは、
自分の力が足りなかったと落ち込んでしまう。その後、牧場で羽目を外した
高校生たちが出会った事故の連絡が入り、救出へ向かうのだが…。

高校生って、自分たちは大人のつもりでいるけれど、やっぱりまだ子供。
いいことがあって、喜びから羽目を外してしまったのだろうけど、
それがどんな結果をもたらすのかを考えられないのが若さなのかな。
少なくとも一人は無事回復するということでよかったけれど、
もうひとりは選手生命が絶たれることになってしまった。
高校生にして、一瞬自分の手につかんだと思った将来の夢が、
淡雪のように消えてしまうのは、つらい現実。どれだけその冷たい真実と、
向き合って過ごせるかによって、彼の将来は変わるのでしょう。

ケニーにアメフトのスタープレイヤーだった過去があったんですね。
でも、怪我によってナースを目指すことになり、今ここにいる。
人生ってやっぱり不思議なものだなって思う。
彼も自暴自棄になって、迷い、荒れた時期があったのだと思う。
でも、人生を立て直せるのはいつだって自分で、自分が決意しない限り、
他人の言葉は本当に意味で自分の中に沁み込んでは来ない。
いつかテレンスが前を向いて歩けるようになるといいですね。

トファーによるラゴーサいじめ事件(笑)。
確かに今まで何度も彼の横暴によって、苦しめられてきた医師たちですから、
その気持ちはわかる。でも、これで彼も晴れてスタッフの一員になれたのかな。
やっぱり経営側と、スタッフ側って、立ち位置が線を挟んで向かい側ですから、
見える景色も違うし、優先順位も全く違う。反対側に移ったことで、
ラゴーサの見えるものも変わるんじゃないのかな。あというならば、
ずっとデスク仕事をしていたから、医師たちがいやがる、
書類仕事が早い(笑)。それだけでも、それなりに重宝されそう。

冒頭の誤射事件の夫婦は、かなりだしに近い感じでしたね。
処置開始後、早々に亡くなってしまったし、その後の旦那さんに対する、
ケアもあまりクローズアップされてなくて、これで落ち込むTCと、
チャベスとの友情をつなげるためのはしごエピソードって感じでした。
不凍液を飲んじゃった子たちよりはまだましな扱いでしたが。
すべての患者のエピソードを中途半端に追いかけて掘り下げられないよりは、
少ない患者をしっかりフォローしたエピソードのほうが感情移入しやすいので、
そこはいいんだけど、この夫婦はもう少しフォローアップしてもよかったかも。
まだその辺のさじ加減は、脚本家たちも模索中な感じですかね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。