スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトシフト 真夜中の救命医2 第8話 ヒーローの倒れた夜

The Night Shift 2 #8 Best Laid Plans

ダウンタウンのビルで爆発事故が起き、搬送先となるメイン病院となったため、
ER中のスタッフが総出で治療にあたることに。現場への派遣を頼まれ、
TCとドリューが事故現場へ向かうと、負傷者たちには応急処置がされていた。
けが人のうちのひとりの男性が、巨体の男性が自分を助け出して、
治療をしてくれたといい、彼を助けてほしいと懇願する。治療を続ける中、
けが人たちを助ける元軍人のミルズ(デューク・デイヴィス・ロバーツ)に出会う。
一方、病院にはポールの父親ジュリアン(ジェイムス・マクダニエル)が現れ、
ポールの外科での初日を見学しようとする…。

仕事が忙しくて、ドラマを見てからすぐにレビューをできなかったため、
なんだかすでにあんまりよく覚えていなくて、記憶力がやばいです。
そして一番鮮明に覚えているのは、ヒーロー元衛生兵のミルズが、
太らせたレオナルド・ディカプリオに似てるなっていうこと…。
やー、どうですかね、このレビュー。ものすごくダメですね。

ポールのお父さんのことは、これまでさんざん話は出てきましたが、
本物が出てくるのは初めてですね。GAの世界でいえば、
メレディスの母親のエリスの現役男バージョンってところでしょうか。
支配欲が強くて、優秀だけれども周りをすぐ見下す、
精神的には微妙なところのあるαメイルみたいな感じでした。
このお父さんからポールかぁと、少し意外な気もしましたが、
あそこまで親が強いと、子供は常に肩に重荷が載ってしまうし、
ある種、委縮してしまうのも仕方ないのかなとは思う。
メレディスだって優秀だけど、どんなに頑張って成果を上げても、
エリスにとっては十分ではないことに悩んでいましたし。
今回、ポールが父親に自分の気持ちを告げることができたのは、よかったなと思います。

爆発事故のほうに戻って、ブーンさん(ジェリー・カーニオン)のこと。
ストーリーは全然違うのに、前回の放射能汚染で亡くなった患者さんと、
なんとなくかぶって見えてしまいました(体型のせいかな?)。
日本でも本当に商売が困窮してくると、火災保険とかでこういうの、
あるんじゃないかと思いますが、それがこんな大事故になってしまうとは、
考えもしなかったんでしょうね。自分のやったことではあるけれど、
ここまでのことを望んでいたわけでもなく、見ていて気の毒になりました。
姪っ子のアレックス(ケイトリン・ハリス)の心にも、
傷が残る事故となってしまったのが残念です。

ケニーはグウェンをお持ち帰りして、そのままなし崩し的にそうなっちゃったのか。
クリスタの様子を見るに、友達には戻れないのということは、
彼と別れたこと自体は、そこまでのショックではなかったってことかな。
ケニーのほうがむしろ、まだクリスタに対する未練があるからこそ、
グウェンでその鬱憤晴らしをしたように感じられました。
まあこの辺の恋愛ぐずぐずはどうでもよいです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。