スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトシフト 真夜中の救命医2 第10話 試練の夜

The Night Shift 2 #10 Aftermath

ドリューが昇任式で圧巻を取り押さえた映像がニュースで放映されたために、
彼の顔が知れ渡り、本物の英雄としての扱いを受ける一方で、
ゲイであるという情報までが出てしまい、そのせいで患者に拒絶され、
仕事がうまくいかなくなる。ジョーダンとクリスタは学会の会議に向かうのだが、
その途中で前方を走っていたバイクが横転し、事故が起きる現場に居合わせたため、
急きょ応急処置をすることになり…。

やっぱり今でもゲイバッシングってあるんですね。
医者なのに、ただそれだけのことで治療を拒否されるって、
仕事にもならないし、命を救うためにやっていることなのに、
ドリューのいら立ちは本当にやりどころのないものだと思う。
こういうことがあるから、セルロイドクローゼットに隠れることになるんでしょうね。
ただ、今回は本人の意思ではないところからカミングアウトされた形で、
これはきつかっただろうなと思う。それが原因となって、
リックと戻れたのだから、悪いところばかりではないけれど、
考えさせられる問題ですよね。

ジョーダンとクリスタのバイク事故レスキュー。
これで一番自分の中に残ったのが、動物病院の男の人が、
オペが終わった二人に向かって「で、ふたりは彼氏いるの?」と聞いたところ(笑)。
確かに目の前であんな雄姿を見せられたら、気持ちが惹かれるのはわかるけど、
一言目がそれか、みたいな。笑わせてもらいました。
しかし、ジョーダンはスピーチだかプレゼンをするみたいなことを
言っていたような気がするのだが、連絡しなくてよかったのかな。
それどころじゃなかったのはわかるけど、恩師がいてみたいな話をしていたのに、
気まずくならないんだろうかとか、いらぬことが気になってしまいました。

肥満の女の子、ケイリー(フィリナ・フランクリン)のこと。
脳腫瘍って怖いですよね。よく性格が変わっちゃうというのは見ますし、
視神経が圧迫されて、目が見えなくなるとかも聞くけれど、
食欲の中枢に近いと、こういうことも起きてしまうんですね。
もしかしたら逆に、おなかが全然空かなくて、やせてしまうこともあるのかな。
どちらにしても、食べることって生きることに直接つながるものなので、
本当に怖いと思う。たまたまその他のストレス事項が起きていたから、
その異常さがすぐに表に出なかったけれど、今回原因が特定できて、
本当によかったなと思う。でも根本的な治療ができなかったから、
お母さんとしては本当につらいでしょうね。

次回はなんだかまたいろいろと大変そうなことが起きる様子。
フィナーレに向かっているので、ここからまた加速するのかなと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。