スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトシフト 真夜中の救命医2 第14話 命が消えた夜

The Night Shift 2 #14 Darkest Before Dawn

突然倒れたジョーダンは、妊娠の合併症による脳卒中だとわかる。
スコットは懸命に治療をするが、血栓がなくなったあともジョーダンは目を覚まさない。
狙撃事件の犯人が捕まらないまま、一度パートナーを狙われたグウェンは、
ドリューと一緒に現場に戻る。一方、TCとトファーは帰国して、
アリの心臓移植のことでスコットに相談をするのだが、アリは高熱が続き、
熱が下がるまでは移植手術をできないことがわかる…。

…先週からまた軽くタイムトリップしましたか?
あれ、前回、アフガニスタンで飛行機を飛ばせないっていってなかったっけ。
ていうか、あの3秒後に飛び立てることになったとしたとしても、
戻ってくるのにも半日以上はかかるし、入国したりとか、
空港から病院に戻ってきたりとか、結構時間かかるはずなんですが。
さらにポールの手の怪我も、気が付けばお父さんのコンサルもすんでるし。
いつの間にか1日、2日たっちゃったのか?
シーズンフィナーレだというのに、この雑な展開はなんだろう…。

狙撃犯の話も、結局何だったのかよくわからなかった。
男のほうは口を割らないまま死んでしまいましたが、
ふたりは恋人同士だったのか? なぜこんなことをしたのか?
ばれたとわかったからって、どうして突然自殺しようとしたりしたのか。
すべてが謎のまま終わってしまうという放りっぷり。
あの女のほうは、人が苦しんでるという話をうれしそうに聞いていましたが、
実はサイコパスとか、そういう設定だったのか。もう出てこないんでしょうし、
どうでもよさそうな裏設定ですが、いろいろ納得がいきません。

ポールの怪我について。命を救いたいから手術にかけるじゃなくて、
患者との距離を置きたいから、外科医になれるようにオペを受けるって。
いや、もちろんそれもその人それぞれの考え方なので、
それ自体を非難するつもりはないのですが、盲腸専門の外科医とか、
そういうのを目指すつもりなのでしょうか。オペを受ける患者さんには、
重篤患者も多いでしょうし、ポールほど患者やその家族に心を寄り添わせる医師は、
何科に行こうが、結局同じ痛みを抱えていくことになると思うんですよね。
ほかにもう少しましなセリフはなかったのかと思ってしまう。

クリスタとチャベスのやり取り(ていうかチャベス戻ってくる必要あったのか)も、
ストーリー的に必要だったのかよくわからないし、突然のジャネットの
トファーへの別離宣言とか、フィナーレだし、色々盛り込みたかったのだろうか。
でもすべてが中途半端。ジョーダンとTC、スコットふたりとのモノローグも、
ジョーダンのかつらが変だとかいう以前に、なんですかね…。
ホント、S1のときも思ったけど、このドラマの脚本家は仕事が雑。

一応S3もあるようなのですが、次のシーズンはもうちょっと丁寧にお願いしたい。
またプレミアからタイムトリップは勘弁していただきたいです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。