スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUITS/スーツ5 第3話 勢力争い

Suits 5 #3 No Refills

マイクはケルトン保険の案件を、ロバートの後ろ盾をもとに進められるように。
だが、しばらく音信不通だったマイクに、依頼人の女性は不信感を示す。
マイクは自分が両親や祖母を失ったときの体験を話すことで正式に依頼を受ける。
ロバートと二人でケルトン保険に向かうが、提示された金額が低すぎたため、
裁判へ進もうとする。一方、ハーヴィーはジェシカにジャックとの関係を
修復するように命令されるが、和解を申し出るもはねつけられたため、
ジャックの顧客を奪おうとする…。

あっちもこっちも火災が。
ハーヴィーは人よりも優秀だから、今まで何をしようとも、
ジェシカという理解者がいたからということもあるとは思うけれど、
どうとでもなってきたんですよね。だからある意味、
世間知らずという言葉は正しくないけれど、最終的には、
自分の思うようになると思っている節がある。
でも、人間って必ずしもそうではなくて…。

頭の良すぎる人って、人間の感情に薄い部分がありますよね。
自分がわかるから、わからない人のことを(もちろん全員じゃないにしろ)下に見て、
無礼な物言いを平気でしちゃったりすることがある(しかも割と頻繁に)。
自分にとっては自明の理なので、いったことすら本人は覚えていなかったりしますが、
相手はその言葉にかなり傷つけられたりしているもの。
そして傷つけられたほうは、それを忘れないものなんですよね。
これ、ハーヴィーが思っている以上に、今シーズン引きずると思います。

ドナが本当に板挟みになっちゃって、ハーヴィーへの思いが今でもあるだけに、
見ていて本当にかわいそうでした。ルイスは自分の感情に振り回されるので、
それによってドナも迷惑をこうむってはいますが、少なくともルイスは、
本当にドナのことを気にかけていて、そしてそれをきちんと認めているので、
少しはこれから楽になるかなぁ。まあルイスとハーヴィーでは、
ドナとの間の愛情の質が違うので、それももちろんあるんですけど、
そうはいってもね。ドナはまだ相当ハーヴィーに腹を立ててる様子でした。

マイクとロバートの道中は、まあそうだよねという感じ。
キャリアからいっても、二人の関係からいっても、同等の立場になるのは、
かなり大変だと思う。それでも少しずつマイクのことを認め始めてるのかな。
とはいえ、大きなケースですし、まだまだ色々起きそうですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。