スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUITS/スーツ5 第8話 綻び

Suits 5 #8 Mea Culpa

ジュニアパートナーを辞するようジェシカに言われていたマイクだが、
ソロフの問い詰めに答えを出せなかったジェシカは、マイクを昇格させることに。
初仕事にレイチェルのサポートを頼んだマイクだが、相手方弁護士がやってくると、
以前デートをしたことのあるクレアだと気付き、学歴詐称がばれてしまうと、
慌ててレイチェルに仕事を押し付けてマイクは退散するのだが…。

ああ、もうどうしてこうもハーヴィーとルイスの関係は複雑なんでしょうか。
くっついたかと思うと離れ、信頼が築かれたかと思うと破壊され。
なんだかこれが男性同士でなければ、ソープオペラになってもおかしくないくらいの、
愛憎乱れる関係です。しかも、基本的にルイスのほうがハーヴィーへの愛情が
勝っているので、それもあってかわいさ余ってみたいなことがしょっちゅうある。
ハーヴィーも素直にルイスを受け入れてあげればいいものを、
こういうところでツンデレを発揮するものだから…。もう大変。

ルイスの暴言がいいとはいいませんが、あなたたち、一応弁護士なんだから、
拳を出しちゃダメでしょうとハーヴィーにはいってあげたい。
ハーヴィーの性格の裏の裏を読みすぎてしまったルイスは、
またここでひと悶着招いてしまいます。素直にハーヴィーへの愛を
叫べればいいのに、それを邪魔しているのはハーヴィーだったりもするので…。
ある種、幼稚園児ふたりの喧嘩にも見えないこともありません。
常に誰かレフェリーがいないと、この二人の関係は難しい。

クレア、えらい久しぶりに出てきましたね。
前回の登場はS4-13「過去へのドライブ」。まあこういうこと、
今までなかったほうが不思議なくらいだと思うので、綱渡りでやってきたマイクが、
今までとは違った場所で躓いてしまった感じでしょうか。
これまでは事務所の中やハーバード大学と、外というよりは、
割と狭い範囲でこの経歴詐称の問題が取りざたされてきましたが、
これ、どんな影響を及ぼすのだろうか。

クレアはレイチェルのマイクへの愛情を理由に、いったんは目をつぶることにしたようですが、
これだけで済むとは思えないし、もっともっと問題は広がっていくはず。
これまで秘密をこれだけ狭い範囲にとどめておけたことのほうが不思議な話で、
どこかで向かい合う時が来るのではないのかなと思います。
いっそ休職して、ハーバードに行って卒業してきたほうが早いのではという
気がしないでもない…。それをすると、絶対的にばれてしまうので、
ジェシカの事務所の信頼問題からいっても、受け入れられない案だとはわかっていますが、
根本的な解決を図るほうが建設的な気がしてしまいます。

まだまだ受難の時は続きそうですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。