スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー12 第12話 次なる未来へ

Grey's Anatomy 12 
#12 My Next Life


ジョーは着替えるためにたんすをあさっていたときに、アレックスがプレゼントしようとした
婚約指輪を見つけて複雑な気分になってしまう。病院に出勤したメレディスは、
自分がインターンとしてシアトルグレイスに勤め始めた初日に、
デレクと一緒にオペをした患者ケイティ(スカイラー・シェイ)が搬送されてくる。
デレクは当時動脈瘤のオペをしたのだが、11年たった今回も、
脳に巨大な動脈瘤ができていたのだった。脳動脈瘤ということで、
アメリアが担当となるのだが、アメリアはプレッシャーを感じていた…。

パイロット版の患者の再登場とは、なかなか面白い演出でした。
カルテの写真に記載されていたD. ShepherdにA. Shepherdの新しい資料が加わる。
こんな大変な病気でまた彼女が運ばれてこないことを祈るばかりですが、
これはこじれていたメレディスとアメリアの橋渡しとなったのではないかな。
この二人、性格もだいぶ違うので、あわないのは仕方ないと思うんですよね。
お互いにあまり相手に合わせるということもしないし。でもやっぱり家族だから。

うまくいったアメリアのオペと対比するかのように、メレディスの患者、
ダフネ(メレディス・サレンジャー)はダメでした。
こちらのエピソードはなんとも切なくて。結局ダフネは、
息子に拒絶されるかもという恐怖によって、時を先延ばしにしていたせいで、
もう一度彼と会い、話をする機会を永遠に失うことになってしまった。
家族ってやっぱり特別なもの。悔やんでも悔やみきれないこともある。
彼女のことがあったから、メレディスの気持ちも動いたのかもしれない。

ネイサンとオーウェンの妹を挟んでの確執。
これ、ほかにもまだいろいろあるのだろうけれど、今回の話だけを聞いて判断すれば、
ネイサンは悪くないような気がする。もちろんオーウェンが責めたい気持ちはわかるけど、
不可抗力でもあったし、病院への患者の付添を譲っただけで、
ネイサンには落ち度があったとはとても思えないからだ。
物事にはそれぞれの側の言い分があるので、まだ語られていない真実もあるのでしょうが、
もう少し様子を見てみないとわからないですね。

エイプリル、離婚のことはショックではあっても、赤ちゃんのことがあって、
気持ちは沈んでいない様子。まだ初期だし、安定期にも入っていないから、
言わないでいる口実はあると思うのですが、ジャクソンも医者である以上、
そう遠くないうちに気が付くときは来るはず。アレックスの言う通り、
ばれる前に自分の口から伝えたほうがいいと思いますが、どうするのだろう。
一番最悪なのは、他人の口からジャクソンが知ってしまうこと。
下手をしたら、そのせいでさらにもめて、エイプリルの体調が悪くなるかも。
前のことがあったからこそ、今度は無事に生まれてくるといいけれど、
その前にまだ一波乱ありそうです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。